192.168.1.1 ログインページ、ユーザー名、パスワード、およびワイヤレス設定

IPアドレスは、理由の真実に使用されます。主にルータにログインするにはIPアドレスが必要ですが、ルータへのログインにはIPアドレスでユーザ名とパスワードも必要です。 IPアドレス192.168.1.1はプライベートIPアドレスで、これはLinksysのルータで使用されます。異なるネットワークデバイスは、異なるプライベートIPアドレスを使用します。

ただし、パブリックIPアドレスはWebサイトで使用されます。 IPアドレス192.168.1.1のログインは、LinksysルータのデフォルトのIPアドレスです。これが新しいデバイスであれば、デフォルトのIPアドレスは同じでなければなりませんが、デバイスが新しいものでなければIPアドレスは異なる可能性があります。すべての設定をリセットするには、リセットボタンを押します。

これらの192.168.1.1または192.168.0.1アドレスは、一般にホストアドレスと呼ばれます。

ルータの設定には、ルータにログインし、ブラウザのaddersフィールドにIPアドレス192.168.1.1を使用し、ブラウザから「Go」ボタンをクリックする必要があります。これでログイン画面が表示され、デフォルトのユーザー名とパスワードを使用する必要があります。それらのログインの詳細はルータボックスに表示されます。ルータの背面を調べて、IPアドレス、ユーザ名、およびパスワードを確認します。これらの詳細を用紙に表示することができます。

192.168.1.1ログインページ、ユーザー名、パスワード

ルータを保護する場合は、デフォルトのユーザ名とパスワードを変更する必要があります。デバイスでデフォルトのユーザ名とパスワードを使用すると、誰にでも簡単にルータにログインできます。そのため、デフォルトのログイン詳細を変更する必要があります。デフォルトのユーザ名とパスワードを変更すると、誰もあなたの家やオフィスからルータにアクセスすることはできません。これであなたのルータは十分に安全です。

設定を削除する場合は、リセットボタンを押してください。今、インターネット上のルータは非常に簡単です。 ISPの情報を使用してインターネット接続を設定する必要があります。あなたのISPはインターネットのセットアップに必要なすべてのデータを提供する必要があります。ダイヤルアップ接続のインターネットを設定する場合は、ダイヤルアップのルーターでユーザー名とパスワードを使用する必要があります。ルータでインターネット接続を素早くセットアップするためにウィザードツールを使用する方が良いでしょう。上級ユーザーはインターネット接続を手動で設定できます。

ルーターコントロールセンターでは、Wi-Fiセキュリティのためにさまざまな種類の設定が利用できます。デフォルトのSSIDネットワーク名を変更することが主なものであり、主にネットワーク接続を識別するために使用されます。 Wi-Fiのセキュリティのために、SSIDネットワーク名に固有の名前を付ける必要があります。家族の名前をSSIDネットワーク名として使用しないでください。

したがって、人々は公開するまでWi-Fi接続を識別することができず、接続は安全のままです。ルータがサポートしている場合は、SSIDネットワーク名を非表示にする必要があります。 SSIDネットワーク名を隠すことで、セキュリティが強化されます。ルータのマニュアルを読んで、SSIDネットワーク名を隠す詳細なプロセスを理解してください。一般的には、ルータの会社名またはブランド名を使用して、192.168.1.1のIPにログインします。

一般的な192.168.1.1ルータのデフォルトのユーザ名とパスワードは次のとおりです。

  • Username: admin
  • Password: admin

Or

  • Username: admin
  • Password: password

暗号化されたセキュリティは新しいものではなく、開発者は常にセキュリティを強化するためにこの機能を更新します。暗号化されたセキュリティはWPA2とPSKです。これらのデバイスは、現在ほとんどのデバイスで動作しています。 Wi-FiセキュリティのためにWPA2とPSKを有効にする必要があります。更新された暗号化されたセキュリティを常に使用するべきです。 Wi-Fiをより安全にするために、WPA2およびPSK暗号化されたセキュリティのためのハードパスワードを適用する必要があります。暗号化されたセキュリティのすべての機能を理解したい場合は、ルータのマニュアルを参照してセキュリティの詳細を確認してください。

Wi-Fi接続の場合は、ハードパスワードを使用する必要があります。 Wi-Fi接続にはクリティカルなパスワードを使用する必要があります。 Wi-Fiのハードパスワードは非常に重要です。パスワードを作成するためのツールを使用できます。 Wi-Fi接続の難しいパスワードを作成することができます。文字、数字、記号の組み合わせで自分でパスワードを作成することができます。ハードパスワードを作成するには、パスワードに大文字と小文字を使用する必要があります。パスワードは少なくとも11桁の長さになります。

MACフィルタリングは、ルータのMAC IDをフィルタリングするための非常に重要なオプションです。この機能を使用すると、Wi-Fi接続を使用できるデバイスの安全なリストを作成できます。リストからMAC IDをいつでも追加したり削除したりできます。セキュア接続とデバイスを作成するためにファームウェアを更新する必要があります。

ルータのIPアドレスを調べる方法

新しいルータを設定したり、ネットワークを設定する場合は、ルータIPアドレスにアクセスしてルータにログインして設定を変更できるようにする必要があります。ここでログインするルータのIPアドレスを見つける方法。デフォルトのIPアドレス192.168.0.1,10.0.0.0.1、または192.168.2.1があります。以下のリンクを確認して、ルータのIPアドレスを確認してください。

変更する方法192.168.1.1ルータのパスワード

あなたがルータのパスワードを変更したい場合は、それを行うことができます。あなたは、ルーター管理ページにアクセスし、詳細設定>ルーター管理>パスワード変更>古いパスワードと新しいパスワードを入力して保存するだけです。完了!

192.168.1.1ルータIPアドレス

デフォルトのIPアドレスでルータにログインできますが、各ルータにデフォルトのIPアドレスがあることに注意してください。ここでは、192.168.1のすべてのリストを共有します。ルータのIPアドレスとデフォルトのユーザ名とパスワード。

ルーターのIPアドレス、デフォルトのユーザー名、およびパスワード:

Router Manufacturer IP address User Name Password
TP-Link 192.168.1.1
192.168.1.254
admin admin/password
Cisco 192.168.1.1 admin admin
D-link 192.168.1.1
192.168.1.254
admin admin
Linksys 192.168.1.1
192.168.1.10
192.168.1.254
192.168.2.1
admin admin
Netgear 192.168.1.1 admin admin
Netgear 192.168.1.1 admin password
Asus 192.168.1.1
192.168.2.1
10.10.1.1
admin admin
Belkin 192.168.1.1
192.168.2.1
10.0.0.2
10.1.1.1
(none) MiniAP
Billion 192.168.1.254 admin admin

192.168.1.1を使用してCISCOルータにアクセスする方法

ステップ1:RJ45ケーブルを使用してCiscoルータをPCに接続します。

手順2:ルーターとPCの電源を入れます。

ステップ3:ブラウザを開き、192.168.1.1と入力してEnterキーを押します。

ステップ4:変更していない場合は、デフォルトのユーザー名とパスワード(admin-admin)を入力します。または、ユーザー名とパスワードを入力します。

Cisco-Router-Login

ステップ5:Cisco Router Admin Pageが開きます。これですべての設定をカスタマイズし、WiFiパスワードを変更することができます。

192.168.1.1を使用したD-LINKルートログイン

ステップ1:イーサネットケーブルを使用してラップトップまたはデスクトップにD-Linkルータを差し込みます。

ステップ2:コンピュータの電源を入れます。

ステップ3:Webブラウザを開きます。 http://192.168.1.1またはhttp:// dlinkrouter> Enterと入力します。

ステップ4:管理者のユーザ名とパスワードを使用してD-Linkルータにログインします。

DLink-Router-Login

ステップ5:初めてログインする場合は、「設定」をクリックして、ワイヤレス設定に進みます。手動または自動で設定できます。

192.168.1.1を使用してNETGEARのルータにログインする方法

ステップ1:まず、NetgearルータをWindows PCに接続し、ブラウザを開き、192.168.1.1> Enterと入力します。

ステップ2:ルータのデフォルトのユーザ名とパスワードを入力します。デフォルトのusername-passwordがわからない場合は、上記の表を確認してください。ワイヤレス設定に行き、設定をカスタマイズしてください。

Netgear-Router-Login

TP-LINK ROUTER、ログイン&IP 192.168.1.1を使用して

ステップ1:TP-LINKルータのIPアドレスは192.168.1.1です。ルータとPCをRJ45ケーブルで接続します。

ステップ2:ブラウザに192.168.1.1と入力してEnterを押します。

ステップ3:ユーザー名とパスワードを入力します。

  • IPアドレス:192.168.1.1(またはhttp://tplinkwifi.net)
  • Username: admin
  • Password: admin/password

TPlink-Router-Login

ステップ4:ワイヤレス設定に行き、必要な設定を変更します。

ルータを接続して192.168.1.1管理ページにアクセスしているときに問題が発生している場合は、何か問題が起きている可能性があります。これらはいくつかの間違いです。

  • IPアドレスが正しく設定されていません。
  • 誤ったIPアドレスがブラウザで使用されているか、間違った設定が設定されています。
  • モデムとの接続が切断された場合、ルータは応答しません
  • 間違ったプロキシがブラウザにインストールされています。プロキシを適切に再設定します。
  • 誤った、または不良のIPアドレスは、192.168.1.1の代わりに192.168.I.Iのように使用されます。
  • IPアドレスはリンクwww.192.168.1.1として使用されます

Wi-Fiとルーターの設定については、マニュアルを参照してください。製造元のサイトに連絡して設定を知ることができます。また、ルータの製造元からヘルプを求めることもできます。これは、ルータとWi-Fi設定に関するすべてを知るための非常に高速で簡単なプロセスです。

同じIPアドレスを持つ2つのルーターを接続する方法

ステップ1:ルータとPCをLANケーブルで接続し、https://192.168.0.1またはwww.192.168.1.1のアドレス>ユーザー名とパスワードを入力>アクセス管理ページに移動します。

手順2:ネットワークまたはLANの設定に移動し、IPアドレスを192.168.2.1に変更して保存します。

私の場合は、NetGear Routerを使用しています。次に、Advanced> Setup> LAN SetupのIP address> IPの変更とApplyに進みます。

ステップ3:ルータとLANケーブルの両方を接続すると、正常に動作していることがわかります。

一部の新しいルーターには自動セットアップモードがあります。彼らはユーザがそれを設定することを許可しますが、ユーザが新しいルータを設定したくなければ、ユーザは自動的にそれを設定します。彼らはデフォルトルータのログインIPアドレスとパスワードをあなたのために見つける。

192.168.1.1管理者ログインページにアクセスしているときに問題が発生している場合は、以下にコメントしてください。